特許検索は、検索のための特許発明

Patent trol of patentswamp
発電電動機械のシャフト接地装置用接地ロープ / JP2016528872
発電電動機械の回転可能な導電性シャフトを電気的に接地するための接地ロープアセンブリ。アセンブリは、接地ロープ部材を含み、接地ロープ部材は、接地ロープ部材の長さ、並びに接地ロープ部材の第1および第2の端部の中間の1つ以上の個別の固定点に沿って延びる複数の導線を含む。複数の導線のうちの2本以上は、個別の固定点の各々でともに固定される。
固体故障電流リミッタ / JP2016528871
固体故障電流リミッタは、システム電流入力部、受動電流出力部、及び制御電流出力部を有する電流分流リアクトルを備える。電圧制御リアクトルは、第1端部及び第2端部を有し、第1端部は制御電流出力部に接続し、また第2端部は受動電流出力部に接続する。故障電流トリガ回路は、電圧制御リアクトルに並列に接続し、またシステム電流入力部が受ける故障電流が所定トリガ電流を超えるとき開状態になるように構成する。過渡電圧制御回路は電圧制御リアクトルに並列に接続し、故障電流を受けるようにする。
自動車両の電源バッテリの断線検出方法 / JP2016528870
本発明は、直流電圧/直流電圧(DC/DC)コンバータ(4)によって相互接続された2つの電気回路網が装備されたシステムにおける電気バッテリ(10)の断線の検出方法を提案する。バッテリ(10)は2つの回路網(2)のいずれか一方に属しており、コンバータ(4)はバッテリ(10)に充電するように構成されている。バッテリ(10)を備える回路網(2)にコンバータ(4)によって付与される直流電圧成分(Us)に所定の電圧信号(Uvar)を付加し、またバッテリ(10)を通過する電流(I)を測定して、付加された電圧信号(Uvar)に対応する電流強度信号(Ialternatif)を探索することで、バッテリ(10)が回路網(2)に確かに接続されているか調べる。
【選択図】図2
ラジアル電気力学軸受 / JP2016528869
本発明は、インダクタ軸を有し、p極対を有する前記インダクタ軸に対して径方向の磁界を生成するインダクタ(40)と、巻線(70)であって、巻線軸(35)を中心として配設されるループを有し、前記径方向磁界に磁気的に結合され、前記インダクタと前記巻線とが互いに対して回転している場合に前記巻線によって遮断される正味磁束変化量が、前記インダクタ軸と前記巻線軸とが一致する場合にゼロであるような方法で、閉回路内に接続される巻線と、前記インダクタと前記巻線との間の間隙(50)と、を備える、回転装置のシャフトを支持するラジアル軸受(11)を提供する。本発明によれば、前記電機子巻線は、pが1以上である場合にp−1又はp+1極対を備え、前記電機子巻線は、pが0に等しい場合に1つの磁極対を備える。
【選択図】図2
パワーバッテリーの素子の充電平衡化装置 / JP2016528868
本発明は、直列に接続される複数の電力貯蔵素子(Et1〜Etk)を有する電力貯蔵装置(2)の充電平衡化装置(3)に関する。充電平衡化装置は、少なくとも2つの電流制限DC/DCコンバータ(30i)を有する。電流制限DC/DCコンバータのそれぞれは、各貯蔵素子(Eti)の端子と接続される入力と、前記貯蔵装置(2)の端子間の電圧よりも低く調整される電圧を有する電気的ネットワーク(6)に接続される出力と、Voutが前記出力での電位差、K1が定数、Veが前記入力での電位差、f(I)が前記出力での電流Iのアフィン関数、Ilimがコンバータの電流制限、f(Iimax)<K1×Veである場合において、I<IlimにおいてVout=K1×Ve−f(I)なる形式の変換規則とを有する。
【選択図】図1
電気エネルギー生成装置 / JP2016528866
本開示は電気エネルギーを生成するための装置を提供する。この装置は、可視光に対して少なくとも部分的に透過性のパネルを含む。このパネルは、入射光を受け取るための受光面を有し、入射光の一部がパネルの縁または側部にある領域に向けて向け直されるように構成されている。この装置は、パネルの縁もしくは側部においてまたは近接して配置されている複数の光起電力素子を更に含む。複数の光起電力素子の各々が、複数の光起電力素子のうちの別の1つに電気的に並列に接続されており、かつ、装置が、向け直された入射光の少なくとも一部から電気を生成するように構成されている。
アーク発生防止回路 / JP2016528865
本明細書では、電力アダプター(118)がクライアント・デバイス(102)に接続/切断されるときのアーク発生を防止するかまたは大幅に軽減するように構成されたアーク発生防止回路(120、310)について記載する。アーク発生防止回路(120)は、電力アダプターのコネクター(304)のアダプター・インターフェース(306)への接続が完全に確立されていないときに供給される電力を制限する。更に、アーク発生防止回路は、接続が行われたときを検出し、クライアント・デバイスの動作のための電力を供給するために制限を解除する。一手法では、アーク発生防止回路は、それぞれ、検出モードおよび動作モードに関連する2つの異なる経路およびコンポーネントを含む。検出モードでは、電源が抑制され、接続が確立したか否か判定するために電流パルスを送ることができる。電流が検出された場合、動作モードに切り替えが行われ、通常のデバイス動作のための電力が供給される。
【選択図】図3
永久磁石モーター、冷凍圧縮機および空気調和装置 / JP2016528864
【課題】永久磁石モーター、冷凍圧縮機および空気調和装置を提供する。
【解決方法】固定子20および回転子30は、永久磁石モーターの筐体10内部に設けられ、筐体10の内側空洞部を、第1の内側空洞部10aおよび第2の内側空洞部10bに分割する。
第1および第2の内側空洞部10a、10bと連通する軸方向通気孔213は、固定子20の固定子コア21の歯212に配置され、各軸方向通気孔213は、各歯212の高さ方向に延びるテーパー形状孔である。
歯のヘッド212a付近にある軸方向通気孔213の一端の幅は、歯の根元212b付近にある軸方向通気孔213の他端の幅より大きい。
テーパー形状孔により、熱が最も集中的に発生する歯212で、流体による完全な熱交換ができ、更に浸漬塗装工程での塗料残が、表面張力の作用で換気口の狭い方の端で集まり、広い方の端は開口したままとなる。
【選択図】 図3
相互充電のための電気自動車及び充電コネクタ / JP2016528862
車両の相互充電システム及び充電コネクタが提供される。システムは、第1電気自動車(1002)及び第2電気自動車(1003)を備え、第1電気自動車(1002)及び第2電気自動車(1003)のそれぞれは、電源電池(10)と、電池マネージャ(103)と、エネルギー制御装置(1005)と、充放電ソケット(20)と、を備え、エネルギー制御装置(1005)は、3レベル双方向DC−ACモジュール(30)と、充放電制御モジュール(50)と、制御モジュール(60)と、第1電気自動車(1002)と第2電気自動車(1003)との間に接続される充電コネクタ(1004)と、を備え、その両端に、それぞれ、第1電気自動車の充放電ソケット(20)に接続された第1充電ガンアダプタ及び第2電気自動車の充放電ソケット(20)に接続された第2充電ガンアダプタを備える。
【選択図】図3A
2035854485 / JP2016528861
【課題】車両の床下環境における環境要素から保護され、優れたサイクル耐久性を有し、両方向に駆動でき、停止したときの位置を保持し、貫通駆動部を有し、かつ高い所定負荷を受けたときにアクチュエータを保護するクラッチシステムを有するアクチュエータを形成するアクチュエータアセンブリを提供することにある。
【解決手段】出力軸、出力デテントリング、可動デテントリングおよび波型スプリングを備えかつ密封ハウジング内に嵌合された内部クラッチアセンブリを備えた密封型アクチュエータ。可動デテントリングは出力軸に対して軸線方向に移動でき、出力デテントリングは出力軸上で回転できる。これらのリングの相互噛合い歯は、波型スプリングにより一体に保持され、出力軸が回転することを可能にしかつモータのトルクを出力軸に取付けられた出力ギアに連結された主ギアを介してハウジングの外部に伝達できる。
【選択図】図3
負荷ポイントと配電用変圧器との概略的な関係を推測するためのシステムおよび方法 / JP2016528860
複数の候補の配電用変圧器のうち、いずれの配電用変圧器が、配電グリッドにおける特定のサービスポイントに給電しているかを識別するためのシステム、および方法が開示されている。可聴周波数の電気信号、すなわち検知信号がメータソケットあるいは電気差し込み口を介してサービスポイントにおける電線に送り込まれる。検知信号の送信器は可搬式装置であっても、あるいは電気メータに内蔵されていてもよい。検知信号によって配電用変圧器内で発生する可聴あるいは機械的共振は検知され、受信器内の加速度計あるいは指向性マイクロフォンを用いて記録される。配電用変圧器の場所およびハウジングにおける変形例に適合させるため、受信器を配電用変圧器に、あるいは配電用変圧器に近接して固定する様々な方法が開示されている。検出イベントを収集するための様々な機構および方法が開示されている。
接合した閉合機構を有する巻かれた不織布スリーブおよびその作製方法 / JP2016528859
細長い部材を保護するための巻かれた不織布スリーブおよびその作製方法を提供する。スリーブは、対向内層端部の間に長手方向に沿って延在する対向内層縁部を有する内層を含む。対向内層縁部は、内層幅によって互いに横方向に離間されている。スリーブは、対向外層端部の間に長手方向に沿って延在する対向外層縁部を有する外層をさらに含む。対向外層縁部は、外層幅によって互いに横方向に離間されている。粘着性中間層は、内層と外層との間に挟持されている。粘着性中間層の溶融された部分が内層を外層に接合する。粘着性中間層は、内層縁部の少なくとも一方を越えて延在することによって、粘着性中間層の露出領域を形成する。露出領域は外層に接合され、外層を巻かれた筒状構造に維持する。
電圧を変換するコンバータユニット及び方法 / JP2016528858
本発明は、入力電圧V10を出力電圧V20に変換するコンバータユニット10に関する。当該コンバータは、コンバータユニット10を電圧源16に接続する及び電圧源16からの電圧V10を受け取るための入力端子12、14と、負荷を駆動するためにコンバータユニット10を前記負荷に接続するための出力端子18、20とを有する。制御可能なスイッチ22は、インダクタ26に接続されている。前記コンバータユニットは、更に、インダクタ26の電流I30を検波するための電流検出器34と、制御可能なスイッチ22の両端において測定される電圧V30の勾配を検出する電圧勾配検出器38と、インダクタ電流I30及び前記電圧勾配に基づいて制御可能なスイッチ22を制御するための制御ユニット32とを有する。
8679079304 / JP2016528856
【課題】従来技術の問題点を解決することができる方法を実現する。
【解決手段】本明細書が開示する一実施形態は、ユーザ装置(UE)がネットワーク選択およびトラフィックルーティングを実行する方法を提供する。上記方法は、第1のRAN(Radio Access Network)サポート情報を受信するステップと、第2のRANサポート情報を受信するステップと、ネットワーク選択およびトラフィックルーティングのために、第1のRANサポート情報を適用するか、または、第2のRANサポート情報を適用するステップと、を有する。ここで、第1のRANサポート情報がホーム(Home)PLMNで受信された場合、UEが訪問(Visited)PLMNに登録された場合、および、第2のRANサポート情報が訪問PLMNで受信された場合、第2のRANサポート情報が利用される。
【選択図】図13
(712) 388-5836 / JP2016528855
本発明は、通孔部及びノイズ除去機能を備えた個人用音響機器に関し、耳孔を一部開放することができる通孔部を備えるために、変形された形態のサウンド再生部と、スピーカーカバー部と、通孔部と、ノイズ除去部と、音波感知センサーと、で構成されている。音響機器の中央部を貫通する通孔部が形成されているため、水分の排出が可能であり、未使用時には、外部音を容易に感知することができ、電話通話する際には、自動的にノイズ除去機能を実行させ、外部音を効果的に遮断することができ、ユーザーに注意を呼びかける警報音や警笛音のような音波を感知し、必要に応じてノイズ除去機能を遮断することができる、通孔部及びノイズ除去機能を備えた個人用音響機器を提供しようとする。
【選択図】図3
4086703021 / JP2016528853
本発明は、通信方法、通信装置、及び基地局を提供する。この方法によれば、基地局は、ユーザ装置(UE)が他のネットワークでページング情報を監視する開始時間を取得し、ここで、開始時間の前にUEが位置するネットワークのネットワーク種別は、他のネットワークのネットワーク種別と異なり、次に、基地局は、開始時間を起点として使用する第1の持続時間内にUEに対してデータをスケジューリングするのを停止する。これによって、基地局とUEとの間の再送信が低減され、基地局により提供されるネットワークでの下りリンクリソースの浪費が更に低減される。
顧客施設機器におけるシングルエンドラインテストの開始およびデータ収集のための方法および装置 / JP2016528852
いくつかの態様によれば、本発明の実施形態は、通信システム内のループにおいて診断を実行するための方法および装置に関する。いくつかの態様によれば、本発明の実施形態は、ループの顧客施設側からSELTを実行することを含む。いくつかの他の態様によれば、本発明の実施形態は、CPE側SELT手順を開始することと、さらに、CPEがオフラインである間に診断データを収集することと、の問題を取り扱う。
色域マッピングのシステムおよび方法 / JP2016528851
第1の色空間の画像パラメータを第2の色空間のパラメータに変換する画像処理および色域マッピングを行う新規な方法およびシステムを開示する。1つの例においては、前記色域マッピングシステムは、パラメータ化された空間において、実質的に矩形であるスペクトル関数を用いて画像パラメータを処理する。別の例においては、前記色域マッピングシステムは、パラメータ化された空間において、平滑スペクトル関数を用いて画像パラメータを処理する。平滑スペクトル関数は、少なくとも余弦二乗関数を含む複数の関数の一次結合を含み得る。画像パラメータは、強度パラメータ、中心波長パラメータおよび彩度パラメータを含み得る。
【選択図】図5
シームレスな通話移行 / JP2016528850
異なるタイプの通話をシームレスに移行するための様々なユーザインタフェース及び他の技術を実装することができる。この技術は、単一の通話について、ある通話タイプから別の通話タイプへアップグレードされるという印象を与えるように実装され得る。シームレスな通話移行が可能であるとき、アクティブ化のために適切なユーザインタフェースコールが現れるように、新たなアプリケーションが登録され得る。したがって、第三者アプリケーションのための移行をサポートすることができる。クロスプラットフォームの実装をサポートすることができる。
免許不要帯域におけるlteベースのマルチキャスト / JP2016528849
免許不要帯域におけるいくつかのノードを使用したブロードキャスト信号送信のための方法、システムおよびデバイスについて説明する。ブロードキャスト信号の送信において使用するためのノードのセットが識別され得、ノードの第1のサブセットは、第1の時間期間中に第1のコンテンツを配信するためにブロードキャスト信号を送信し、ノードの第2のサブセットは、第2の時間期間中に第2のコンテンツを配信するためにブロードキャスト信号を送信する。ノードの第1のサブセットがノードの第2のサブセットとは異なる。ノードのセットは、したがって、第1および第2の時間期間中に部分的単一周波数ネットワーク(SFN)動作を実行するSFNを形成し得る。
複数の画像感知素子を用いて画像を撮影するためのシステム及び方法 / JP2016528848
ダイナミックレンジを拡張するために異なる積分時間を有する複数の画像感知素子を組み込んでいるCMOS可視画像センサのための方法、デバイス、及びコンピュータプログラム製品が本明細書において開示される。一態様では、第1のウェルキャパシティを有する少なくとも1つの第1の光感知素子と、第2のウェルキャパシティを有する少なくとも1つの第2の光感知素子とを含むCMOS可視画像センサを使用して画像を撮る方法が開示され、ここにおいて、第2のウェルキャパシティは、第1のウェルキャパシティよりも大きい。方法は、少なくとも1つの第1の光感知素子の各々に対して第1の積分時間を決定することを含む。方法は、少なくとも1つの第2の光感知素子の各々に対して第2の積分時間を決定することを更に含み、ここにおいて、第2の積分時間は、第1の積分時間とは異なる。
【選択図】 図9
タグデバイスの構成データを検索するための一意の識別子の使用 / JP2016528847
【課題】 一意の識別子を用いて、タグデバイスのための構成データを検索するための方法およびシステムを提供することである。
【解決手段】 例示的な方法は、タグデバイスに関連付けられた一意の識別子を取得することを含むことができる。タグデバイスは、アンテナと、アンテナを介してリーダデバイスに無線で送信することができるセンサ読み値を取得するように構成されるセンサとを備えることができる。本方法は、一意の識別子に基づいてタグデバイスに関連付けられた構成パラメータを求めることも含むことができる。本方法は、少なくとも1つのメモリにおいて、一意の識別子に関連付けて構成パラメータの少なくとも一部分を記憶することを更に含むことができる。
【選択図】 図3A
マシンツーマシン無線アクセスシステムにおけるシステム情報ブロードキャスト / JP2016528846
方法は、複数のSIB(system-information block)ブロック及び関連するコンテンツを検出するステップを有しても良い。関連するコンテンツは格納されても良い。方法は、複数のSIBブロックに関連する複数の変化フラグを検出するステップであって、前記複数の変化フラグの各々は前記複数のSIBブロックのうちの1つに関連する、ステップを更に有しても良い。第1の変化フラグ値を有する変化フラグを検出することに応答して、前記第1の変化フラグに関連するSIBブロックのコンテンツが再利用されても良い。第1の変化フラグ値は、前記第1の変化フラグに関連するSIBブロックのコンテンツに対する変化の不存在を示しても良い。第2の変化フラグ値を有する変化フラグを検出することに応答して、前記第2の変化フラグに関連するSIBブロックが検出され、関連するコンテンツが格納されても良い。第2の変化フラグ値は、関連するSIBブロックのコンテンツに対する変化を示しても良い。
身分認証システム、装置、方法及び身分認証請求装置 / JP2016528845
【課題】本発明は身分認証システム、装置、方法及び身分認証請求装置を提供する。
【解決手段】上記システムが以下含み、身分認証請求装置であって、身分認証請求装置が身分認証装置にセキュリティコード発行リクエストを送信するように設定される。身分認証装置であって、身分認証請求装置から送信されるセキュリティコード発行リクエストに応答し、セキュリティコード発行リクエストによってID及びそれに応じるセキュリティコードを生成し、生成されるID及びセキュリティコードに対して結合を行い、かつ、生成されるID、セキュリティコード及び結合記録を記憶し、セキュリティコードが持たれるフィードバック情報を身分認証請求装置にフィードバックするように設定される。そのうち、身分認証請求装置がさらに身分認証装置からフィードバック情報を受信し、かつ、身分認証装置にID発行リクエストを送信するように設定される。そのうち、ID発行リクエストがフィードバック情報に持たれるセキュリティコードを含む。そのうち、身分認証装置がさらに受信されるID発行リクエストの中に含まれるセキュリティコードが記憶されるセキュリティコードに一致するかどうかについて解析・判断し、一致する場合、IDが持たれる割り当て情報を身分認証請求装置に送信するように設定される。本発明は実用的かつ効果的な身分認証メカニズムを提供した。
ネットワーク接続方法、ホットスポット端末及び管理端末 / JP2016528844
本発明の実施形態は、通信分野に関し、特に、ネットワーク接続方法、ホットスポット端末、及び管理端末に関する。本発明のこの実施形態において、ホットスポット端末が移動端末のインターネットアクセス要求を受信すると、ホットスポット端末は、入力要求を移動端末に送信し、ホットスポット端末は、ユーザ識別情報に従って管理者により入力される許可確認命令を受信し、受信された許可確認命令に従って移動端末のインターネットアクセス許可を判定する。本発明の実施形態において提供されるネットワーク接続方法によれば、移動端末がホットスポット端末の使用により遠隔ネットワークにログインするプロセスが面倒で複雑であるという問題が解決される。
(570) 781-6226 / JP2016528842
本発明の実施形態は、サービスデータを送信するための方法、端末、および基地局を提供する。本方法は、基地局が、端末によって送信される端末の伝送特性を受信するステップと、基地局が、端末の伝送特性に従って端末のTTIバンドリング送信ポリシを決定するステップと、基地局が、端末が端末の伝送特性に従って端末のTTIバンドリング伝送ポリシを決定し、端末のTTIバンドリング伝送ポリシに従ったTTIバンドリング伝送方式で基地局へサービスデータを送信するように、端末へTTIバンドリング伝送指示を送信するステップと、基地局が、TTIバンドリング伝送ポリシに従って、端末によって送信されたサービスデータを受信するステップと、を含む。本発明の実施形態において提供される技術的解決策は、中データ速度サービスおよび高データ速度サービスのカバレッジを拡大するのに使用される。
危殆化されている秘密鍵を識別するためのシステム及び方法 / JP2016528841
危殆化されている秘密鍵を識別するためのコンピュータ実装方法は、(1)署名者がアプリケーションにデジタル署名することを可能にする秘密鍵を識別するステップと、(2)秘密鍵に関する情報を少なくとも1つの公開ソースから収集するステップと、(3)公開ソースから収集した情報に基づいて、秘密鍵が危殆化されており権限がない署名者がアクセス可能であることを判定するステップと、(4)秘密鍵が危殆化されており権限がない署名者がアクセス可能であることの判定に応答して、セキュリティアクションを行うステップとを含んでもよい。様々な他の方法、システム、及びコンピュータ読み取り可能な媒体も開示される。
無認可スペクトルを用いるlte(登録商標)/lte−a通信システムのためのアップリンクプロシージャ / JP2016528839
無認可スペクトルを用いるロングタームエボリューション(LTE)/LTE−アドバンスド(LTE−A)展開は、無認可スペクトルを通して、例えば、WIFI無線アクセス技術を通して、より効率的なLTE通信態様を活用する。そのような通信に順応するために、様々なアップリンクプロシージャは、無認可スペクトルを用いるLTE/LTE−A展開では、認可スペクトルと無認可スペクトルとの間の通信を処理するように修正され得る。
【選択図】 図14A
個別のack/nackを利用する無認可スペクトルにおけるlteのためのharq設計 / JP2016528838
ワイヤレス通信のための方法、システム、および装置について説明する。1つの方法では、データフレームに対応するシーケンス番号、およびデータフレームの1つまたは複数のデータサブフレームは、ユーザ機器(UE)に無認可スペクトルを介して送信され得、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームについてのハイブリッド自動再送要求(HARQ)フィードバックがUEから無認可スペクトルを介して受信され得る。別の方法では、データフレームに対応するシーケンス番号、およびHARQフィードバックは、UEに無認可スペクトルを介して送信され得、データフレームに対応するシーケンス番号が、指定された順序でUEによって受信されると、1つまたは複数のデータサブフレームが、HARQフィードバックに応答してUEから無認可スペクトルを介して受信され得る。
3234474231 / JP2016528837
コンテンツソースからユーザ機器デバイスへコンテンツを配信する、放送/ブロードバンド輻輳システム。本システムは:放送産業に、大幅に強化された移動性能を;利用可能なスペクトルリソースを、無線ブロードバンドネットワーク及び/又は無線ブロードバンドネットワークからオフロードされた放送コンテンツによる使用のために動的に販売することによって、放送産業に追加の収入源を;利用可能なスペクトルの動的購入によって、ブロードバンド産業に追加のスペクトルを;そして豊かなユーザ体験を、提供する。スペクトルサーバは、放送ネットワークによって利用可能となったラジオスペクトルの動的配分を促進できる。放送ネットワークは、移動体デバイス及び固定デバイスをサポートするために、強化された波形パラメータを用いて放送を行ってよい。
【選択図】図1
無線周波数電力結合アセンブリ及び当該アセンブリの使用方法 / JP2016528836
本発明は、無線周波数(RF)電力結合アセンブリ、及び、ラック内でのアセンブリの使用方法に関する。本発明のアセンブリは、少なくとも1つのボックス形の電力合成器及び/又は電力分配器を含み、この電力合成器及び/又は電力分配器は、RF電力の入出力のための複数のコネクタ(1,4)と、これらのコネクタ(1)を少なくとも1つの中央導体(2)に電気的に接続する複数のボックス内導体(3)と、少なくとも1つの外側導体(5)とを有する。本発明によれば、少なくとも1つの外側導体はボックス形ケーシングである。
(289) 798-7438 / JP2016528835
【課題】無線通信システムで使用するための方法及び装置を提供する。
【解決手段】無線通信システムにおいて端末が近接ベースサービス(ProSe)通信を行う方法において、基地局からスケジューリング情報及びCRCを含む第1PDCCH信号を受信するステップであって、CRCは、ProSe関連識別子(ID)でマスクされる−ステップと、基地局からスケジューリング情報を用いてPDSCH信号を受信するステップであって、PDSCH信号は、Prose通信のために使用可能なWLANリソースを含む、ステップと、WLANリソースを用いてピア端末とProSe接続を形成するステップと、ProSe接続によってピア端末とWLAN無線信号を交換するステップとを含み、端末は、WLAN無線信号を交換する間に、第2PDCCH信号を継続してモニタリングするように設定されたことを特徴とする、ProSe通信を行う方法を開示する。
【選択図】図13
6199151855 / JP2016528834
本発明は、少なくとも1つのセンサ(105)の動作及び評価のための制御及び評価ユニット、特に内燃機関の少なくとも1つのラムダセンサの動作及び評価のための制御及び評価ユニットに関する。当該ユニットは、少なくとも1つのセンサ(105)のアナログ測定信号の受信のための信号入力端(202)が配設されており、受信したアナログ測定信号が、アナログ/デジタル変換器(215)を用いてデジタル化され、信号伝送ユニット(239)が配設されており、信号伝送ユニット(239)を用いて、デジタル化された信号が計算ユニット(110,233)に伝送され、さらに信号入力端(202)が、マルチプレクサ(200)を用いてスイッチング可能である。
通信ネットワークにおけるインター周波数測定のための方法および装置 / JP2016528833
ここでの教示の一つの観点によれば、無線通信ネットワークにおいて動作している無線デバイス(22)は、所与の周波数レイヤーのために指定されている性能要件に基づいて、当該レイヤー上でインター周波数測定を実行するために使用される測定レートを決定する。たとえば、無線デバイス(22)は、インター周波数測定を実行するレイヤーのうちの他の一つについて指定されている性能要件よりも高い性能要件を有する周波数レイヤーについてより高い測定レートを使用する。同様に、例示的なシナリオによれば、ネットワークノードは、ターゲットとなるデバイスに対してコンフィギュレーション情報を送信し、ここで当該情報は当該デバイスがインター周波数測定を実行すべきレイヤーを示し、かつ、これらのレイヤーの一つ一つに対応する性能要件を示している。一例として、ネットワークノードは基地局、リレー無線デバイスまたは他の無線デバイスであってもよい。
9542288442 / JP2016528831
様々な実施形態は、追加の外装ケーシングが取り付けられたとき、モバイル電子デバイスの熱的緩和システムを調整するための方法およびシステムを提供する。モバイル電子デバイスは、追加の外装ケースがモバイル電子デバイスに取り付けられているか否かを判断し、それに応じて、モバイル電子デバイス上で実施される熱的緩和プロセスの熱的緩和パラメータを変更する。判断は、センサまたはユーザ入力を介し得る。変更された熱的緩和パラメータは、メモリに記憶され得、または、ユーザによって、もしくは追加のケースからの通信において入力され得る。変更された熱的緩和パラメータは、追加のケースの特定の形式、モデル、もしくは特性に基づいて決定され得、および/または、デバイスに記憶されたもしくはネットワークを介してアクセスされるデータベースから取得され得る。ケースの除去は、検出され得、熱的緩和パラメータは、初期値に戻され得る。
435-577-2799 / JP2016528830
ワイヤレス通信のシステムおよび方法を記述している。低周波数におけるユーザデバイスとの通信を確立する。その後、ワイヤレスネットワークデバイスとユーザデバイスとの間の低周波数における通信に関する、パス損失の、電力遅延プロフィールの、およびマルチパス方向の情報のような、粗チャネル情報を使用して、高周波数におけるユーザデバイスとの通信を確立することができる。
【選択図】図6
会議設定における参加者の符号化方法および装置 / JP2016528829
会議設定の参加者の符号化のシステムおよび方法を提供する。一実施形態では、システムによって、ボイスオーバIP設定における会議参加者からの音声が受信されて処理されてもよい。一実施形態では、音声は圧縮形式で受信され、処理のために解凍されてもよい。各参加者に対してリターン音声が生成され、(該当する場合は)圧縮されて、参加者に送信する。該システムは、参加者が同一の音声符号化形式を使用し、それによって類似または同一である可能性がある音声を受信している場合を認識することができる。音声は、参加者毎の代わりに、1回のみ符号化できる。したがって、冗長な符号化が識別および消去され、結果的にCPUの使用が少なくなる。
【選択図】図1
217-659-9078 / JP2016528828
技法は、回路スイッチを用いて、スイッチアセンブリのパケットスイッチをこのアセンブリのポートコネクタに選択的に結合することを含む。
【選択図】図3A
受電装置、及び前記受電装置を有する配電システム / JP2016528827
本発明は、受電装置2であって、優先的にはPoEシステムであり、前記受電装置に電力を供給するための給電装置1を有する配電システム100内で用いられるための照明器具のような受電装置2に関する。前記受電装置は、LEDのような電気負荷と、供給電力から電気負荷電力を生成すると共に、前記電気負荷電力を前記電気負荷に供給するための電気負荷電力供給ユニットとを有し、前記電気負荷電力供給ユニットは、前記受電装置によって前記給電装置から引き込まれる入力電流が、所定の入力電流上限しきい値未満で最大化されるような電力レベルで、前記電気負荷電力を生成するよう適応される。これは、PoE規格IEEE 802.3atに従う受電装置の電力消費量と比較して前記受電装置の電力消費量を増大させることを可能にする。
2503500976 / JP2016528826
【解決手段】映像データストリームに対してシーン不変的なメタデータを生成および適用するための、方法およびシステムを本願において開示する。映像データストリームをシーンに分割または区分けし、映像データのある1つのシーンについてメタデータの第1のセットが生成され得る。メタデータの第1のセットは、メタデータの第1のセットは、映像コンテンツの所望の関数としての、任意の公知のメタデータ(例えば輝度など)であり得る。メタデータの第1のセットは、フレーム単位で生成され得る。一例において、そのシーンについてのメタデータの第1のセットとは異なる、シーン不変的なメタデータを生成してもよい。シーン不変的なメタデータは、シーン中における所望の特徴部を監視することによって生成され、その所望の特徴部を許容可能な範囲の値に保つために用いられ得る。これにより、映像データのレンダリングに際して、目立ちかつ場合によっては邪魔になる視覚的アーチファクトを回避することを助け得る。
【選択図】図4
Mbmsリレーデバイスを使用するマルチメディアブロードキャストマルチキャストサービスの管理 / JP2016528825
マルチメディアブロードキャストマルチキャストサービス(MBMS)を管理するための方法、システム、およびデバイスについて説明する。1つの構成では、少なくとも1つのMBMSについてのサービス告知情報が受信され得る。サービス告知情報の少なくともサブセットが、ピア発見信号においてブロードキャストされ得る。少なくとも1つのMBMSのコンテンツが、次いで、基地局のカバレージエリアの外側で動作する少なくとも1つのモバイルデバイスへリレーされ得る。別の構成では、カバレージ外ステータスインジケータまたはMBMSクエリが、第1のピア発見信号においてブロードキャストされ得、第2のピア発見信号が、少なくとも1つのMBMSリレーデバイスから受信され得る。第2のピア発見信号は、少なくとも1つのMBMSについてのサービス告知情報の少なくともサブセットを含み得る。
gold-hilted / JP2016528824
ワイヤレス通信を管理するための方法、システム、およびデバイスが説明されている。1つの方法では、モバイルデバイスは、中継ステータスに移行すると決定することができる。中継ステータスは、少なくとも1つの他のモバイルデバイスと基地局との間の中継デバイスとして機能するモバイルデバイスの能力を示すことができる。中継ステータスを示すピア発見信号がその後、送信されうる。別の方法では、モバイルデバイスは、第1のピア発見信号においてカバレッジ外ステータスインジケータをブロードキャストすることができる。第2のピア発見信号は、少なくとも1つの他のモバイルデバイスから受信されうる。第2のピア発見信号は、中継デバイスとして機能する少なくとも1つの他のモバイルデバイスの機能を示すことができる。
【選択図】図2
8015228985 / JP2016528823
ワイヤレス通信のための方法、装置、およびコンピュータプログラム製品が提供される。本装置は、サービング基地局と少なくとも1つの隣接基地局とから情報を受信する。情報は、直接発見を実行するための、サービング基地局と少なくとも1つの隣接基地局との各々によって割り振られた発見リソースの時間割振りを示す。本装置はさらに、サービング基地局と少なくとも1つの隣接基地局とのサブフレームタイミングを決定し、発見リソースに対応するサービング基地局または隣接基地局の決定されたサブフレームタイミングに基づいて、サービング基地局と少なくとも1つの隣接基地局との各々によって割り振られた発見リソースの時間割振りを使用して直接発見を実行する。
506-516-0251 / JP2016528822
本発明は、カメラアレイを用いて画像を取得するシステム、方法およびコンピュータプログラムプロダクトを対象とする。方法は、カメラアレイを用いて画像を取得することと関連付けられたアプリケーションを決定することと、ここで、前記カメラアレイは第1のセンサおよび少なくとも1つの第2のセンサを有し、前記第1のセンサは、赤フィルタ、緑フィルタおよび青フィルタを有し、前記第2のセンサの各々は赤フィルタ、緑フィルタまたは青フィルタを有し、前記画像が所定の解像度以上の第1の解像度を有することを前記アプリケーションが要求するかを判断することと、前記画像に関連付けられた深度情報を前記アプリケーションが要求するかを判断することと、前記画像が所定の解像度以上の第1の解像度を有することを前記アプリケーションが要求しないという判断、および前記深度情報を前記アプリケーションが要求しないという判断に応じて、前記第1のセンサを有効化し、前記第1のセンサを用いて前記画像を取得することと、を含む。
【選択図】図1
リピータ機能の有効化要求の方法およびユーザ機器 / JP2016528821
ユーザ機器は、少なくとも1つの端末装置のリピータ機能に関する情報を要求するために、少なくとも1つの端末装置に少なくとも1つのリピータ情報要求(42、52)を送信する。ユーザ機器は、少なくとも1つの端末装置から少なくとも1つのリピータ情報応答(43、53)を受信する。ユーザ機器は、受信された少なくとも1つのリピータ情報応答(43、53)に基づいて、端末装置を選択する。ユーザ機器は、リピータ機能の有効化の開始を選択された端末装置に要求するために、選択された端末装置にリピータ移行要求(45)を送信する。
【選択図】図4
ユーザ・トラフィック・プロファイルに基づいたlteマルチキャリアの負荷均衡化のための方法およびシステム / JP2016528820
無線通信ネットワーク内のキャリア間で負荷均衡化するための方法であって、
− ユーザ・トラフィック・プロファイルを示す情報を収集するステップであって、このユーザ・トラフィック・プロファイルは、第1のキャリア周波数を通じて無線通信ネットワークへと接続されているユーザ機器に関連している、ステップと、
− ユーザ・トラフィック・プロファイルを示す情報に少なくとも基づいて、ユーザ機器のトラフィックを第1のキャリア周波数から第2のキャリア周波数へとオフロードするかどうかを決定するステップと
を含む、方法。
時分割複信(tdd)アップリンク/ダウンリンクサブフレーム構成の動的指示 / JP2016528819
本開示の態様は、ユーザ機器への時分割複信(TDD)アップリンク(UL)/ダウンリンク(DL)サブフレーム構成の動的指示のための技法に関する。基地局が、フレーム中の1つまたは複数のアンカーサブフレームおよび1つまたは複数の非アンカーサブフレームを識別し得る。基地局は、複数のユーザ機器(UE)と通信するために使用されるフレームのUL/DL構成を動的に変更し、フレームの1つまたは複数のアンカーサブフレームのうちの少なくとも1つ中の複数のUEによって解釈されることが可能な共通ダウンリンク制御チャネルを使用して、変更された構成をシグナリングし得る。
【選択図】図10
(440) 367-7615 / JP2016528818
本発明の実施形態は、ユーザ機器とユーザ機器との間のデバイス・ツー・デバイス直接通信のための信号伝送方法に関する。ユーザ機器は、ダウンリンクタイミング基準時刻に従って、別のユーザ機器によって送信されたデバイス・ツー・デバイス直接通信D2D信号を受信するための受信時刻をまず決定し、その後、第1のユーザ機器が、受信時刻の前に、第2のユーザ機器によって送信されたD2D信号を受信する、それによって、ユーザ機器によって信号を受信するための時刻の精度を改善するとともに受信データの完全性を保証している。
アップリンク電力制御方法およびその装置 / JP2016528817
本発明の実施形態は、アップリンク電力制御方法およびその装置を提供する。方法は、複数のセルのアップリンク電力制御パラメータをKPIモデルに従って最適化するステップであって、KPIモデルが、複数のセルのアップリンク電力制御パラメータと複数のセルが位置するネットワークの少なくとも1つのKPIとの間のマッピング関係を示すために使用される、最適化するステップと、複数のセルにおけるユーザ機器上のアップリンク電力制御を、複数のセルのアップリンク電力制御パラメータに従って実行するステップとを含む。本発明の実施形態では、複数のセルのアップリンク電力制御パラメータが複数のセルが位置するネットワークのKPIに及ぼす影響を考慮することにより、ネットワークの全体性能の観点からより最適化されたアップリンク電力制御パラメータが取得され、それによってネットワークの全体的な性能を向上させる。
同一チャネルセル干渉を処理するための方法、装置、及びシステム / JP2016528816
本発明は、同一チャネルセル干渉を処理するための方法、装置、及びシステム、並びに、基地局及びユーザ端末を開示する。方法は、非サービングセルの干渉情報を取得するステップと、取得した非サービングセルの干渉情報をユーザ端末(UE)に送信するステップとを有する。非サービングセルでUEに対して引き起こされる同一チャネル干渉を十分に抑制又はキャンセルできるとともに、PDSCHを復調する際のUEの性能をより良く向上させることができる。
 
To top